ローム株式会社<2週目>

おさえ

ローム社会見学<2週目>

落合)ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON !!-
「ローム UP! YOUR MIND」。ラジオ社会見学ということで
半導体メーカー「ローム」の取り組みについて紹介しています。
今週も、FM802学生サポーター「802ワナビーズ」の
メンバーとすすめていきたいと思います。
今週もこのお二人がスタジオに来てくれています。

富田)はい、関西大学 政策創造学部の三回生、富田稜介です。 

清川)同志社大学 政策学部三年生の清川瑳映です。

落合)はい、富田くんと清川さん、今週もよろしくお願いします。
お二人と一緒にラジオで社会見学をしていきたいと思います。
先週はロームという会社について、そしてロームと音楽との
繋がりなどを知ることができましたね。今日はロームの
文化支援活動の一環である公益財団法人
「ロームミュージックファンデーション」について 
三人で話していきたいと思います。
この「ロームミュージック ファンデーション」というのは
音楽文化の普及と発展に貢献することを目的とした財団法人。
音楽を通して豊かな文化を創っていくというもので、
具体的には音楽界を担う若い音楽家たちの育成や、音楽をより身近
なものにするため多くのコンサートを開催・支援しているんです。
富田くんと清川さんは、社会見学してみて、この活動について
どういうことを感じましたか?

富田)僕は「本物の音楽を知ってもらいたい」という思いのもとで
音楽家を支援している企業がある、ということを初めて知りました。
特に若者への援助の面で充実しているな、と感じました。


「撮影:佐々木卓男」

落合)そうでしたね。清川さんは?

清川)オーケストラのコンサートってチケットも高くて、敷居が高い
イメージがあったんですけど、ロームが支援して気軽に楽しめる
機会や工夫をしているのを知って、行ってみたいなぁと
思いました。


「撮影:佐々木卓男」

落合)そうですよね。音楽家たちをサポートすると同時に、多くの人たち
にも音楽に触れてもらいたい、という思いがあるんですよね。
お話を伺っていて、僕もクラシックのコンサートに行ってみたいな、
って思いましたし、オペラとかもね、なかなか見る機会がないので、
ぜひ生で感じてみたいですね。
他に何か感じた事はありますか?

富田)ロームは若者の支援をするというだけではなく、
コンサートをやったり、そこからのアフターフォロー的な
部分も一環して行っているので、その辺りのサポートも
充実しているんだな、と思いました。


「撮影:佐々木卓男」

落合)そうですよね。若い音楽家たちを育成している
「ロームミュージックフレンズ」では、今までに4636人
のアーティストを生み出しています。いろんな人にチャンス
を与えているんだな、と思いますし、同時に、僕等が使っている
身近なオーディオ機器にもロームの製品は使われています。
ハード面とソフト面の両方で音楽をサポートしている会社なんです
よね。これからも僕たちの生活と音楽をどんどん繋いで欲しいな、
と思います。ROCK KIDS 802「ローム UP! YOUR MIND」。
ラジオ社会見学!一緒に進行してくれたワナビーズの富田くん、
清川さん、ありがとうございました。

富田・清川)ありがとうございました。

802ワナビーズにやってほしい企画募集中!

  • こんなことやってほしい
  • 私たちとこんなことやりませんか?

などなど、募集しています!

企画に関するお問い合わせはこちらから